補聴器のベストサウンド

最新情報

豆知識

1-9件(全9件)
豆知識2017.01.05

寒い日は、補聴器も電池も温めてから

朝晩冷える季節に、気を付けていただきたいことがあります。

気温が低下すると、電池の寿命が短くなることがあるのをご存知ですか?

電池は冷えた状態だと上手く発電できません。
冷えた電池を冷たい補聴器に入れると、電池が十分に発電できるようになるまでに電力を使ってしまうので、暖かい時期に比べて電池の寿命が短くなることがあります。
また、電池を入れたばかりの時の補聴器からの音が不安定になることがあります。

補聴器を温める写真

寒い朝は、補聴器と電池を手のひらでしばらく温めてから、補聴器に電池を入れてください。
補聴器を装用するときも、冷たくなくてよいですね。

 

※清潔な、乾いた手で行ってください。
※強く握ったりして破損させないようにご注意ください。
※電池や補聴器の部品を紛失しないようにご注意ください。
※確実に電池の寿命が延びたり、通常よりさらに長くなるわけではありません。

豆知識2016.07.23

シーメンス補聴器の乾燥ケース②「乾燥剤」のシールをはがして使用を

シーメンス補聴器の乾燥ケースに入っている乾燥剤には、銀色のシールが貼られています。
このシールが貼られている状態では、乾燥剤は使えません。

dry_case_A-b
ケースに入れる前に必ず銀色のシールをはがしてください。

乾燥剤シール剥がし-c

そして、出てきた白い面を上にしてケースに入れて、その上にスポンジを置いてください。

1607乾燥ケース

このスポンジは補聴器の破損防止のためのクッションです。
湿度が高い時期はスポンジを置かない方が乾燥力が上がります。
(補聴器が破損しないよう取扱いにご注意ください。)

乾燥剤は数ヶ月で効果がなくなりますので、新しい物に取り換えてください。
交換時期の見分け方は、こちらをご覧ください。

 

豆知識2015.10.28

【読み物】ルソー「余生がそれほど残されていないと確信するにいたった」

難聴は有史以来、人間を悩ませ続けてきました。

Jean-Jacques_Rousseau

スイスの哲学家ジャン=ジャック・ルソーは1736年のある夏の朝、突然耳の中でキーンと鳴り響く大きな音に襲われました。この症状は後の人には“耳鳴り”としてとらえられていますが、この哲学者はこれを自身の死期を知らせる弔いの鐘だと考えたのです。

 

突然始まったこの病は、激しい動悸から始まりました。彼の著作「告白」の中でルソーは「ひどい耳鳴りがそれに加わった。…低くにぶいうなりと、流れる水のようなもっと澄んだささやきと、非常に鋭い笛のような音と…」と書いています。

続きを読む

過去の記事一覧

【読み物】ベートーヴェンは木の杖で音を聞いた

若くして難聴に悩まされ、最後には完全に音を失ったルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンがどのように音楽を作ったのか。当時の集音器についてもご説明します。

豆知識 2015.10.16
シーメンス補聴器の乾燥ケース①「乾燥剤」はどれ?

シーメンスの乾燥ケースに入っている「乾燥剤」は、時間経過とともに色が変わります。でも、「乾燥剤」ってどれのこと?乾燥ケースのこと、詳しくご案内します。

豆知識 2015.09.24
補聴器の付属品

補聴器を購入されたときについてくる付属品2種類についてご案内します。

豆知識 2015.08.25
補聴器の「夏バテ」にご注意を!

残暑お見舞い申し上げます。

お盆が過ぎ、少しずつ秋が近づいてくるこの頃、夏バテ気味、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は補聴器も「夏バテ」すること、ご存知ですか?

豆知識 2015.08.17
補聴器は精密機械!暑い季節は気をつけて。

湿度が高く、汗をかきやすいこの季節。知らず知らずのうちに補聴器が壊れてしまうことも。

豆知識 2015.07.28
電池は乾燥ケースの中に入れないで!

夜、補聴器を外して乾燥ケースに入れるとき、電池も一緒に入れてしまっていませんか?補聴器用の電池は「空気電池」と呼ばれる物で、小さな穴から酸素を取り入れて発電しています。

豆知識 2015.07.28
スクロールボタン