補聴器のベストサウンド

聞こえと補聴器

聞こえについて

耳の構造

耳に入ってきた音は、耳の中の複雑な構造を通り、電気信号に変換されます。この電気信号は聴神経を通して脳に伝わり、そこで初めて「音」として認識されます。この神秘的な行程のどこかが損傷したりして、音がうまく伝わらなくなる状態が「難聴」です。

(シーメンス補聴器の動画)


難聴の原因

全世界で7億人以上が難聴と言われています。
難聴の原因は人それぞれ。病気、事故やケガ、遺伝、加齢による要因、あるいは原因が特定できいないものなど様々です。そして、それらの難聴への対処法もまた違ってきます。
聞こえ方がおかしいと感じたら、まずは耳の専門家、耳鼻科専門医の診察を受けることをお勧めします。そして、補聴器が必要だと判断されたら、経験・知識が豊富な補聴器販売店にご相談ください。

(シーメンス補聴器の動画)


難聴の影響

1:聴力が低下すると、日々の生活に大きな影響を及ぼします。

コミュニケーションがとりにくくなって会話をする機会が減り、友人と疎遠になったり、自信を無くしてしまったり、その結果、ふさぎ込みがちな生活になってしまうことも。

2:難聴は様々な病気と関連性があります。

最近の研究では、難聴は様々な病気と関連性があることがわかってきました。認知症もその一つ。難聴になると聞き取りにかなり集中しなければならないので、脳に余分な負担がかかり、認知症やアルツハイマーにつながるというものです。難聴の早期診断・早期発見、そして補聴器による聴覚の補助は、脳を守ってくれる可能性があります。*
*JAMA Internal Medicine. Frank R. Lin, MD, PHD. Hearing Loss and Cognitive Decline in Older Adults

こちらのページで詳しくご説明していますので、ぜひご確認ください。

kazokuフリーぺーパー「家族の健康」では、日本における認知症と難聴について、また他の病気との関連性を詳しく説明しています。ぜひ一度お読みください。ベストサウンド各店舗でもお配りしています。
閲覧はこちら

3:難聴を放置すると「言葉を理解する能力」が衰えてしまいます。

難聴を放置すると困ることが、もう一つ。不思議なもので、人間の脳はしばらく言葉を聞いていないと「言葉を理解する能力」が衰えてしまいます。聞こえても内容が理解できなくなってしまうのです。
音を聞かない期間、つまり、難聴を放置した期間が長ければ長いほど、言葉の理解能力は落ちる傾向にあり、ついにはたとえ補聴器をつけたとしても、その能力は戻らなくなってしまいます。「補聴器を使って、音は大きく聞こえるようになったけど、何を言っているのかわからない」そんなことが起きてしまうのです。
聞こえに疑問を感じたら、早めに補聴器を使い始めることをお勧めします。

テレビの音が大きくなったと言われたり、大人数での会話が聞き取りにくかったり、携帯電話の呼び出し音に気づかなかったりしませんか?
また、あなたの身近な人で、話しかけても返事をしなくなったり、何度も聞き返すようになったり、話題についてこれないような方はいませんか?
心当たりがあれば、ぜひ一度、耳鼻科で聴力検査を受けてみてください。検査の結果、大したことがなければ、安心することができますね。そして、もし補聴器が必要と判断されたら、補聴器の専門家である私たちにご相談ください。


 

補聴器について

あなたの生活

会話豊かな生活は、豊かな聞こえから。豊かな聞こえのために、あなたにぴったりの補聴器を。
補聴器は、聞こえを支えるだけでなく、あなたの生活を支えるもの。だからこそ、まずはあなたのことを教えてください。ご家族のこと、趣味のこと、仕事のこと、外出する先、好きなテレビ番組…
補聴器はあなたの体の大切な一部になります。あなたのことをよく知ることで、あなたによりぴったりの補聴器をお勧めできます。また、音の作り方もあなたの生活に合うように作っていくことができます。

 


補聴器は、ただ「音を大きくする器械」ではありません。

Aceこんなに小さな補聴器には、たくさんの機能が搭載されています。人の声をより聞こえやすくする機能、雑音を抑える機能、突発的な大きな音を抑制する機能、その時々の環境に合わせて自動的に音質を変える機能、などなど。
これらの機能を駆使してあなたにぴったりの補聴器にしていくことを、私たちは「音を作る」と言います。
あなたにぴったりの音を作り上げるには、少し時間がかかるものです。使う方の聞こえの程度、環境や使い方、補聴器の音への慣れ方に応じて、何度も微調整しながらあなたの音を作り上げていきます。

 


補聴器には
いろいろな形があります。

01耳あな型 耳の中にすっぽりと収まるタイプ。

02耳かけ型 本体は耳の後ろにかけて、チューブで音を耳の中に届けるもの。

03RICタイプ 耳かけ型の1種で、音が出る部分が鼓膜に近いもの。通常の耳かけ型に比べて本体が小さめ。

それぞれに特長があり、お一人お一人の聞こえ方や生活習慣によって、お勧めするタイプが変わってきます。また、人によっては使えないタイプがある場合も。ご要望をうかがい、豊富なラインナップの中からあなたにピッタリな補聴器をお勧めします。

補聴器の進化

補聴器は日々進化しています。アナログ補聴器がデジタルになり、その進化の速度は一気に加速しました。数年前の補聴器と今の補聴器では、見た目も、その音や機能も、全く違うと言ってもいいほど。ぜひ、最新の補聴器を手に取ってみてください。その小ささ・軽さに驚かれるでしょう。(このホームページをご覧になって持たれた印象より、きっとずっと小さいと思います)
私たちは各店舗にさまざまな種類の補聴器をご用意しています。ぜひお店で補聴器を見て、さわって、音を聞いてみてください。


補聴器のクラス

補聴器は形だけではなく、搭載しているシステムのクラスごとに特長が異なります。同じ型のパソコンでも、中に積んでいるOSで性能が変わるのと同じです。聞こえ方、補聴器を使う環境、どんな音の聞こえ方を重視するかなど、さまざまな要因で必要なクラスが変わってきます。皆さまのご要望をうかがい、ぴったりのものをご案内します。


片耳だけの補聴器は、片目で見るのと同じです。

近年、両方の耳に補聴器をつける方が多くなってきています。片耳だけに補聴器をつけても、左右の音のバランスがバラバラになるため、音がどこから聞こえてくるのか、どの程度の広がりを持っているのかがわかりません。

片方だけの補聴器は、片方だけの眼鏡のようなもの。そんな状態で我慢するよりも、両耳に補聴器をつけて耳本来の機能を最大限に発揮し、自然で豊かな聞こえを楽しんでください。
JAAA 141-149, Vol.6/No,2 Mr.1995


補聴器購入のステップ

補聴器選びには様々なステップがあります。下記はその一例。その方によってステップが変わったり、それぞれのステップにかかる長さも変わってきます。私たちは、これら一連の流れを「ベストケア プログラム」というプログラムに沿って行います。あなたが早く補聴器に慣れることができるように、あなたの補聴器があなたのベストパートナーとなるように、お一人おひとりに合わせたプログラムでサポートしていきます。

bn_rental1


補聴器に慣れる

聞こえのメカニズムは、とても繊細。急激な環境の変化にはついていけません。補聴器をつけると、これまで聞こえていなかった音が急に聞こえるようになるので、脳がびっくりしてしまうのです。でも大丈夫、ステップを踏んでいけば、きっと慣れることができます。まずは小さな音から聞き始めて、焦らず、ゆっくり、だんだん慣れていきましょう。お一人おひとりに合わせて、私たちがしっかりとサポートします。

ベストケアプログラムページへ

ここでは補聴器について、ほんのさわりをお伝えしました。もっと詳しくお伝えしたいのですが、ウェブ上ではどうしても限界があります。どうぞベストサウンドのお店にお越しください。
本物の補聴器をご覧いただきながら、また、さまざまな資料をお見せしながら詳しく、わかりやすくご説明します。もちろん補聴器の音を聞いていただくこともできます。聞こえのこと、補聴器のこと、ご相談をうけたまわります。どうぞお気軽にお越しください。
店舗紹介ページへ

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、補聴器に関してはちょっと違います。
「百【見】は一【聞】にしかず」? ぜひ一度、補聴器の音をお聞きください。


スクロールボタン